キリキリ痛むなら腸閉塞かもしれない|治せる病気

女性

免疫療法の進化

女性

新しい免疫療法

がんの治療法には手術や放射線治療など色々な方法がありますが、樹状細胞療法もその一つといえます。この治療法は一歩進んだ新しい免疫療法の一つとして、現在研究が進められています。 体内には、キラーT細胞と呼ばれる宿主にとっての異物となる色々な細胞を排除する役割がある細胞があります。そのキラーT細胞にがんに関する情報を与えることによりがん細胞のみを攻撃して除去させるという治療法が樹状細胞療法です。 樹状細胞そのものはがんを攻撃するというわけではなく、密告役のような役割を果たすようにするとされます。 樹状細胞療法を行うことによって、抗がん剤を使用した治療法と比較して副作用が少ないと言われています。

併用することで効果を発揮

従来の免疫療法と比較すると、従来の免疫療法においてはとにかく体内の免疫力を高めることでがんに対抗するという考え方が一般的でした。しかしこの方法ではデメリットとして、進行がんと呼ばれるがんの進行が速いタイプのがんには有効な治療法とは言い難い面がありました。 免疫細胞ががん細胞を殺すメカニズムが発表されてから免疫療法についての考え方が変わり、がん細胞のみを殺す治療法が取り入れられました。 樹状細胞療法は現在では医療現場で使われ始めており、この治療法単体ではがんに対する確実な治療法としては難しい面もありますが他の治療法と併用することでカバーしています。 がん治療の実績についてはこうした取り組みにより現在では飛躍的に向上しており、さらなる飛躍が期待されています。